ゆかいな仲間とたまちゃん
楽しい絵を描くグループ「ゆかいな仲間」の活動などです。
201409<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オールド ラヨーン
歩いて10分位のところにある古い街並み
石畳の両側に素敵な物いっぱい



古本屋さんは、写真も撮るし絵も描くおじさん
掃除をしたかと思うと、30分足らずで閉店



入口の壁に絵を描いているギャラリー
休みの日は、子どもたちがデッサンしてました。



古いトラック、お寺、牛???
私の手より大きな葉っぱが、ガサッと音を立てて落ちるんです。
街から離れたところでは、ススキの群生しているところも見ました。
タイも今は秋なのでしょうか?



うす焼きせんべい売りのおばさん
パリパリも柔らかいのも おいしいよ。
おばさんは、東京に5年住んでたそうです。



ご飯屋さん
入口の ”そば” が目に飛び込んだので、そばを注文。
麺を選ぶよう言われたところ、ラーメンかタイの麺。
”そば” は、飾りでした。



古いミシンの再利用がいいでしょ。



車が多くないし、
美味しいものがたくさんあるので
時々行きます。

スポンサーサイト
すご技
ソムタムに入れる青パパイヤの千切りを作る調理員さん
片手にパパイヤ 片手に包丁
写真に写らないくらいの速さで切り目を入れ、そぎ落とす。



どんどん小さくなるパパイヤ
最後まで使ったのは 手と包丁だけ
そばで見ている私は、指を切りはしないかとひやひや

調理員さんにとっては、
りんごの皮を長くむく日本人の方が不思議そうだった。



タイの料理は辛いだけでなく、酸味のあるさっぱりしたものもある。
葉っぱをかじるとすっぱい。スープに入れるため、丁寧にちぎり取っている。
枝にくっついていた小さな瓜。葉っぱも瓜も食べられるそうだ。



調理場には、年代を経た60Kgまで量ることのできる台秤があった。



右側はソムタムを作った容器
すりこぎのような棒でたたき、平たいお玉で混ぜる。
日によって用意されている野菜が異なっているが、作る人の好みで
入れる野菜や調味料が異なる。小さなしょっぱい蟹はみんな入れている。
作っている様子は、また今度。

アーティスト発見
何と自由
描きたいものを思いのままに!!

大好きなお母さんとぼく



お母さんは 「スワイ (きれい)♡」
お母さん以外は 「マイ スワイ(きれいじゃない)」と



ぼくの家



家の周りは自然がいっぱい



ラヨーンの海はおだやか
魚がおいしいよ



アーティスト 登場
鉛筆で描いた後、ていねいに着色



未完成の作品もいいでしょう。
仕上がりが楽しみです。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。